スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心の方にオススメの戦法

最初に覚えるのは自分の好きな戦法でいいと思います。
尊敬する棋士がいるなら、その棋士がよく指す戦法を
勉強してみるというのもありです。

この記事は色んな戦法がありすぎて
どれを選んでいいかわからない方。
どんな戦法があるのか全く知らない方のために書きます(^^)
このブログでよく書いているマニアックな戦法は
あえて書きません(笑)

将棋の戦法は大きく分けて居飛車と振り飛車に分かれます。
居飛車は序盤の間、飛車を初期位置のままで指す戦法です。
振り飛車は飛車を5筋より左に動かして戦う戦法です。

居飛車を指したい方は棒銀戦法から覚えるのがオススメです。
飛車の前に銀を繰り出して、飛車先を破るのが基本的な狙いです。
攻めの基本は数の攻めで、それを一番理解しやすい戦法です。

振り飛車は飛車を動かす(振る)位置によって戦法名があります。
真ん中(5筋)に振るのは中飛車、自分から見て左から4マス目に
振るのは四間飛車、その一つ左側が三間飛車、相手の飛車と
向かい合う位置に振るのは向かい飛車です。
角道を止める振り飛車と角道を止めない振り飛車に分かれます。
定跡が覚えやすいので、どれもオススメです。

それぞれの戦法には特徴があります。
文章だけではわかりにくいと思うので
また後日、動く将棋盤で解説してみます(^^)
スポンサーサイト

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

ハム将棋

初心の方は、まず一冊入門書を読んで将棋のルール、駒の動かし方、
手筋、将棋の格言などを勉強すると上達が早いです。
最初に読む一冊が高度な棋書で、それをボロボロになるまで読むのは
プロ棋士になった方に多い勉強法です。
アマチュアで将棋を楽しみたい方は最初に難しい棋書を
選んでしまうと挫折してしまうかもしれません。
子ども向けの入門書がオススメですが、最近は大人向けの入門書も
充実しているようです。

入門書を読んだ後に対局してみてほしいのがハム将棋です。
ハム将棋は入門書を一冊マスターした後でも
かなり強く感じるはずです。負けても諦めずに
指し続ければ勝つコツが掴めてくると思います。
ハムは一局を通して全く同じ手順で
負けてしまうこともあります(笑)

ハム将棋に簡単に勝てるようになったら
将棋倶楽部24に挑戦してみるといいです。
将棋倶楽部24は無料で全国の人と対局できる
素晴らしいサイトです。レベルが高いので
ハム将棋に勝てても13~15級ぐらいで
入会した方がいいと思います。

得意戦法をつくる、囲いを知る、基本的な手筋を覚える、
詰将棋は1手詰~3手詰まで。これだけでも最初は十分です。
初心の方にオススメの棋書や戦法、初心の方が重視すべき
形勢判断法などは後日更新する予定です(^^)

テーマ : 将棋
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

将棋好きのユウ

Author:将棋好きのユウ
棋力 24二段
棋歴 7年半
棋風 攻め将棋
好きな駒 飛車、桂馬
好きな戦法 居飛車
他の趣味 読書

棋書紹介 三段階評価
S 最高レベルの棋書
A 良書
B 普通

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。